相続税の申告はネットではできないの?

税金については法人税や所得税などネットで行うのが主流です。
では、相続税についてはどうなのでしょうか。
最近は何かとグローバル化されていて、ネットでいろいろなことが出来る時代です。
もちろん、ネットで相続税の申告が出来れば、書類作成も簡単に出来るのではないかと考える人もいます。

・相続税の申告はネットでもできるの?
そもそも、相続税の申告はネットでもできるのでしょうか。
答えはNOです。
方針では2019年を目途に、相続税の申告がオンライン化される見通しだと言われています。
相続税の申告がe-Tax(電子申告システム)でできるようになれば、相続人や民間事業などの負担や手間を軽減できるのではないかと考えられています。
そんな時代が来れば、書類の作成や計算を相続税の専門家に依頼をすることもなくなり、相続税の予算も軽減できるのではないかと言われています。

・現段階ではネットを使った相続税の申告は出来ない!
このオンライン化は、2019年の10月から相続税でe-Tax(電子申告システム)が利用できるようになるとされています。
このため、現段階ではネットを使って相続税の申告を行うことは出来ません。
ネットで相続税の申告が出来なかった理由としては、提出書類が多いためネットでは不向きと言われたり、ネットのシステムに対応できないのではないかと考えられていたからです。
また、書類の提出先も地方公共団体や法務局、年金事務局や税務署などバラバラなので、オンライン化は難しいのではないかとも考えられていました。
しかし、添付書類などをあらかじめ税務署などに提出しておくことによって、ネットでも相続税の申請が出来るのではないかという意向が決まり、2019年からスタートされる見込みです。

時代のグローバル化に伴い、相続税の申請もネットで簡単に出来る時代が到来します。
ネットで申告できることで手間や時間を大幅に省けるようになり、相続税の無申告もなくなるのではないかと考えられています。