相続税の申告で相続税を軽減させられる特例は?

相続税の申告をするとき、思っていたよりも財産が多くて相続税を軽減させられないかと考える人も多いと思います。
被相続人が亡くなってしまった後に相続税対策を行う場合は、特例を利用して相続税を軽減させることが出来ます。
その方法と実際にどれくらい軽減させられるかを見ていきましょう。

・相続税の申告で税金が軽減させられる特例
相続税の申告をするとき、誰もが相続税を軽減させられるように手続きを済ませたいと考えるはずです。
相続税が安くなる特例として、最もよく挙げられるのは小規模宅地等です。
小規模宅地等というのは、土地の評価額を最大で80%軽減させる制度で、この特例が認められれば相続税を軽減させられ、格安で土地を相続できるようになりますよ。

・この特例が利用できるのってどんな人?
小規模宅地等の特例を利用できるのは、適用条件を満たしている人になります。
適用条件では相続人や配偶者が同居していた場合に、小規模宅地等の特例を利用できると言われています。
配偶者の場合は無条件で特例を利用することができるのですが、相続人が同居していた場合は相続後も引き続き住み続けるか、相続税の申告までは所有していることで特例を利用できます。
また、相続が行われる3年以内に、持ち家に住んだことがない人であれば特例を利用できますよ。
特例が利用できる条件に達していない人は、特例を受けることが出来ません。
自分の家庭で小規模宅地等の特例を利用できるのかを知りたいという人は、専門家に相談をして適用してもらえるかを判断してもらいましょう。

このように相続税を軽減させるためには申告で改ざんを行うよりも、特例を利用して相続税を軽減させるのが得策です。
特例が利用できるということになれば、危険な申告をしなくても済むようになり、最大で80%の相続税を軽減させられるでしょう。
土地や建物における相続税を軽減させることが出来れば、身体的な負担も少なくなるのではないかと考えられます。