兄弟がいる場合の相続手続き

・兄弟の相続優先順位
遺産相続を行う場合、遺言書に誰がどれだけ財産を受け継ぐのかを記してある場合には、遺言書通りに行えばよいのですが、遺言書を書かないという人もいます。
このような場合、法定相続人というのが定められているので、この通りに遺産を分配するようになります。

兄弟がいなければ自分が全て遺産を引き継げるので問題はありませんが、兄弟がいる場合には法定相続人の優先順位や比率に従って行う必要があるでしょう。
では、誰がどれだけの遺産を引き継ぐことができるのでしょうか。

また、子供や孫だけが遺産を引き継ぐわけではなく、父親が亡くなった場合には、その父親の兄弟や、親が生きていれば両親も法定相続人に含まれているのです。
そこで大きく分類すると、最も優先的に遺産を引き継ぐのは、被相続人の子供になります。

ちなみに被相続人の子供が複数いた場合、兄弟で均等に分割するようになるのです。
長男だから多めに遺産が相続できるという決まりはありません。
兄弟が何人いても同じように分配されるので、兄弟が多ければ多いほど、1人の取り分が減ってしまうことになるのです。

・法定相続人による優先順位
法定相続人は、被相続人の子供だけではありません。
先ほども少し触れましたが、被相続人の親が生きていれば、両親も法定相続人に含まれますし、被相続人の兄弟も含まれているのです。

例えば子供がいない家だった場合には、当然夫が亡くなった場合には妻が、妻が亡くなった場合には夫が全ての遺産を引き継ぐことが多いのですが、実は夫婦は法定相続人には含まれていません。

よって順位は被相続人の子供が最優先、もし子供がいない場合に、次に優先されるのが被相続人の両親、両親共にすでに亡くなっていた場合には、被相続人の兄弟が優先されるのです。
このような順位を知っておかないと、後になってトラブルになる可能性もあるのですが、法的手段に出られたら、当然優先順位通りになってしまうでしょう。

では、妻や夫は財産を引き継ぐことができないのかというと、決してそのようなことはありません。
例えば夫が亡くなる前に、妻に全財産を譲りたいという遺言書を残しておけば、遺言書の内容が優先されるので、妻が引き継ぐことができるのです。

他にもいろいろと難しい決まりが存在しているので、素人だけで勝手に判断してしまうと、トラブルも原因になってしまうことも多々あります。
このようなときに役立つのが法定相続人という決まりなので、必ず覚えておく必要があると共に、不明な点などは専門家に聞いておくとよいでしょう。