相続税の申告や納付までの流れ

相続税の申告から納税までの流れについて、あまりよく知らない、分からないという人が多いと思います。
財産の相続は一生で1、2回と言われているので、一連の流れについて知っていないとしても無理はありません。
そこで、財産を相続してしまったときの、申告から納税までの一連の流れについて見ていきたいと思います。

・相続税についての流れ
相続税を納付するまでには、いくつかの手順を踏んで申告や納付を行わなければなりません。
相続税を納付するまでの流れとしては、被相続人が亡くなった時点で財産の特定を行います。
現金や預貯金などがどれくらいあるかを総計算して、ある程度どの位の相続税を納付しなければならないかを確認しておきましょう。
次に、財産として残された土地や建物の評価を算出させ、分割協議や名義変更等を行い相続税の申告を行います。
相続税の申告をするのは財産を相続した日から10ヶ月以内と決められています。
申告を行う前に財産がどれだけあるか、分割をどうするか、名義変更などを行わなければなりません。

・相続税の申告から納付までの流れ
相続税の申告をするときはいろんな書類が必要で、添付書類を集めたり、書類の作成などを行わなければなりません。
相続税の申告後、納付しなければならない税金の額が分かります。
総計算された財産や相続する金額に応じて相続税が発生し、納付期限までに一括で相続税を納付しなければなりません。
これが相続税に対する一連の流れです。
相続税の金額が提示された段階で、税務署の窓口や金融機関などから納付を行います。

残された財産が多かったり、一人で相続する場合は多額の相続税を納付しなければなりません。
納付期限は申告期限と同じで10ヶ月と決まっています。
納付期限に遅れてしまうと延滞税として、余分に税金を納付しなければならなくなるので注意しましょう。
相続税で納付する分のお金が用意できないという場合は、延納して分割で納付できるように申請をしましょう。