相続税の申告をする!遺言書がある場合はどうすればいい?

財産の相続が発生したとき、遺言書があるのとないのでは申告についても大きく変わってきます。
相続税の申告をするときに遺言書がある場合、遺言書にすべての財産の分け方が書いてあった場合は、分割協議を行う必要がなくなるため相続税の申告をスムーズに行えます。
しかし、遺言書がなかった場合は1から相続の分割を決める必要があり、分割が決まっていないと相続税の申告を行うことが出来ません。
分割協議が必要になった場合は、申告に時間がかかってしまうこともあるので注意しましょう。
“相続税の申告をする!遺言書がある場合はどうすればいい?” の続きを読む

相続税の申告で相続税を軽減させられる特例は?

相続税の申告をするとき、思っていたよりも財産が多くて相続税を軽減させられないかと考える人も多いと思います。
被相続人が亡くなってしまった後に相続税対策を行う場合は、特例を利用して相続税を軽減させることが出来ます。
その方法と実際にどれくらい軽減させられるかを見ていきましょう。
“相続税の申告で相続税を軽減させられる特例は?” の続きを読む

相続税の申告をするときの注意点とは?

相続税の申告を行うとき、相続税が安く出来ないかと改ざんをはかる人もいます。
しかし、数字を改ざんしたとしても、税務署ではいろんな情報提供があるためすぐにバレてしまいます。
1つの改ざんがバレると、他にも何かを隠しているのではないかということで、財産などすべて調査されることになってしまうので注意しましょう。
“相続税の申告をするときの注意点とは?” の続きを読む

相続税の申告で調査が行われるのってどんなとき?

相続税の申告はきちんとすれば怖いと感じたり、嫌だと思うこともないでしょう。
相続税の申告はキチンとする人が多い中、財産を誤魔化して書類を作成する人もいると言われています。
申告で用意した書類に関しては、申告後税務署が調査をすることもあります。
そこで、どんなものが調査されるのかを見ていきたいと思います。
“相続税の申告で調査が行われるのってどんなとき?” の続きを読む

相続税の申告後、課税対象となるのはどんな人?

相続税というのは亡くなった人の財産を相続した場合、必ず課せられるものではありません。
というのも、相続した財産や総資産によって課せられる税金が異なるからです。
相続税を支払わなくていい人はどんな人なのか、課せられる対象となるのはどんな人なのかを見ていきたいと思います。
“相続税の申告後、課税対象となるのはどんな人?” の続きを読む

相続税の申告はネットではできないの?

税金については法人税や所得税などネットで行うのが主流です。
では、相続税についてはどうなのでしょうか。
最近は何かとグローバル化されていて、ネットでいろいろなことが出来る時代です。
もちろん、ネットで相続税の申告が出来れば、書類作成も簡単に出来るのではないかと考える人もいます。
“相続税の申告はネットではできないの?” の続きを読む

相続税の申告をして一括で納税できないときはどうすればいい?

家族の財産を相続してしまった場合は相続税の申告をして、財産に対して発生する税金を支払う必要があります。
これを納税と言い、納税を行わない場合はペナルティーや罰則として、相続人の財産が差し押さえられてしまうこともあるので注意しましょう。
“相続税の申告をして一括で納税できないときはどうすればいい?” の続きを読む

相続税の申告や納付までの流れ

相続税の申告から納税までの流れについて、あまりよく知らない、分からないという人が多いと思います。
財産の相続は一生で1、2回と言われているので、一連の流れについて知っていないとしても無理はありません。
そこで、財産を相続してしまったときの、申告から納税までの一連の流れについて見ていきたいと思います。
“相続税の申告や納付までの流れ” の続きを読む

相続税申告後の納付方法について

亡くなった人から財産を相続してしまった場合、相続税の申告をするのは知っているけど、「納付の仕方ってどんなものがあるの?」と思う人も多いはずです。
相続税の納付方法はいくつかの中から選ぶことができ、自分が利用しやすいものを選んでおいたほうがいいと思います。
では、その納付方法について詳しく見ていきたいと思います。
“相続税申告後の納付方法について” の続きを読む